たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at 

2014年09月27日

10月2日(木)体験無料! コミュニティひろば「TERRA」京王多摩川駅前にオープン

○ジモトNEWS

10月2日(木)
京王多摩川駅のすぐ近くに
コミュニティひろば
「TERRA」(テラ)オープン!


「TERRA」は、ベビーからシニアまで地域の方々が気軽に集える「広場」。スタジオスペースと教室スペースのほか、子どもを預かるなど多目的に使えるスペースがあります。この場所を立ち上げたのは、人気ズンバ(ラテン系フィットネス)講師のTOMOKOさんです。ズンバのほかシニア向けらくらくストレッチ、お絵かき&クラフト、親子整体、メイク、マッサージほか、たくさんのお仲間講師が楽しいレッスンを展開。10月2日(木)は、一日中さまざまなレッスンを無料で体験できるそうですから、ぜひのぞいてみてください。

★詳細はこちら
↓↓↓
http://ameblo.jp/terratamagawa









ブログから
*******************

ラテン語で「ひろば」を意味する「TERRA」は、ベビー~シニアの方まで、みなさまが集まりたくなるスペースをめざして、
10月2日(木)10時に、京王多摩川にOPENします!
1レッスン636円で、フィットネスをはじめ、さまざまレッスンを受けられます。

10月2日(木)は、無料体験会です!
すべてのおためしレッスンは、無料!
託児もありますので、ベビーちゃん連れのママも安心して、ご体験いただけます。
どうぞ、お気軽にあそびにきてください!

■TERRA
調布市多摩川5-7-6 2F



京王相模原線、京王多摩川駅より、徒歩1分!
改札口をでて、右裏手、ローソンの角を左折。肉や、カフェの並びのビルの2階です!
ビル前には、駐輪場がありません。
ご不便をおかけいたしますが、駅周辺の駐輪場をご利用くださるよう、ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ、レッスンのご予約は、TOMOKOまで!

メール terratamagawa@gmail.com
電話:SMS 070-1405-2200



  


  • Posted by ちょこネット at 10:00 | 事務局だより

    2014年09月26日

    明日9月27日(土)は、「にぎわい市」もよろしくお願いします!

    ○事務局だより

    ちょこネットでは、子育て支援活動をする人たちを応援しています。子どもたちとアーティストの交流を生みだす「街のアトリエ」運営支援もそのひとつ。深大にぎわいの里調布卸売センターという一風変わった場所に「街のアトリエ」はあります。野川のほとりで四季の移ろいを感じることができ、カフェや卸売店に集う人のざわめきが適度に聞こえる場所です。子どもたちは、通いなれたあの道のあんなところにこんな異空間があるなんて知らないと思います。ドアをあけたときのわくわくドキドキを味わってもらいたいです。美術の時間が学校を飛び出して、普段の生活のなかに溶け込んでいき、知らず知らずに豊かな想像力を養うような環境ができたらいいなと思っています。







    9月27日(土)9:00~14:00
    にぎわい市


    (街のアトリエ1号室 スタジオげん)


    街のアトリエが1号室を飛び出して市場に屋台を出します。

    ワークショップ


    アーティスト・山田はるこが
    子どもと一緒に想像の旅に出て
    楽しい作品を一緒につくります。



    今年5月~7月のイベントの様子です。子どもたちは夢中デス



    クラフトショップ


    街のアトリエに集うアーティストたちが
    自慢の品を持ち寄ります。
    ほかではぜったい見つからないすてきなモノに出合えます。





    今年3月~7月の出店作品です。今回の出品作品とは異なります




    同時開催@街のアトリエ1号室
    ガラスワークショップ

    10:00~12:00
    13:00~15:00

    自分でデザインして、自分でガラスをカットして制作します。
    「パキパキっと切れる感触が楽しかった!」と体験した子ども達も、もちろん大人の方も独特の制作方法に、五感フル稼働で取り組めます。

    参加費
    ・お皿1枚_4200円
    ・箸置き_3個まで3200円
    ・ネックレス_2個3800円

    オプション(追加制作)
    ・お皿_1枚2200円
    ・箸置き_1個400円
    ・ネックレス_1個900円

    出来上がりの作品の配送をご希望の方は別途送料500円かかります。

    詳細 https://www.facebook.com/events/1470280436584058/









      


  • Posted by ちょこネット at 18:30 | 事務局だより

    2014年09月24日

    【ちょこネット主催】 お米屋さんが語る〜子どもにもお米を食べてもらいたい理由 10月4日(土)

    ○事務局だより

     ちょこネットは「ここで育てたい」と思えるまちづくりを目指し、あらたな子育て支援のカタチが生まれる場をデザインする団体として、地域のみなさまとのネットワーク構築を大切にしています。そんな私たちが定期的に運営しているのが、さまざまなセクターの方たちがゆるやかにつながり、子育ての未来について語り合う「子育て未来トーク」です。
     第13回は、創業110年という調布市内でも老舗のお米屋さん「株式会社山田屋本店」の営業部・目黒悟さんをお招きします。調布市内では「お米館」(調布市布田)で精米したてのおいしいお米を販売しているほか、百貨店にも直営店を出店し、日本の食文化を伝える企業として多様な事業を展開している山田屋本店。これからの日本を担う子どもたちにお米を食べてもらいたい理由、日本の食文化のすばらしさを通して、地域の企業として「できること」「やりたいこと」を語っていただきます。

    **********

    2014年10月4日(土)
    第13回 子育て未来トークin調布
    お米屋さんが語る
    子どもにもお米を食べてもらいたい理由




    日時 2014年10月4日(土) 15時〜17時(受付14時30分から)
    ランチ希望の方は14時にご来店ください(要予約)。開始前に召し上がっていただけます。

    場所 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1−11−1 調布卸売りセンター内)

    テーマ お米屋さんが語る〜子どもにもお米を食べてもらいたい理由

     食は多様化しています。いま日本ではお米の消費量が少なくなり、パンや麺類を好む人も増えています。しかし、いっぽうで和食は世界無形文化遺産に認定され注目されています。
     日本の食文化を支えてきた「米飯」を、子どものころから「あたりまえの食」として食べることは、豊かな五感を育むことにもつながるというそのわけは?  
     株式会社山田本店では、食文化としての「米飯」をひろく伝えることをミッションとし、多様な事業に取り組んでいます。今回の未来トークでは、あらためて「お米」を主食とした日本人の食文化と子どもの育ち、米飯のすばらしさについてうかがいます。

    【目黒悟さんプロフィール】
    株式会社山田屋本店・営業部。新潟県出身。おいしいお米を食べて育った目黒さんは、就職を考えるときに迷わず米を扱っている会社を探したとのこと。最近の子どもたちがお米を食べなくなったことに危機感を感じているとのこと。山田屋本店での仕事を通して、地域の子ども達にもっとお米のおいしさを知ってもらいたいと奔走中。ちょこネットが運営する「ちょこカフェ」に、いつも精米したてのお米を届けてくれているのも目黒さんです。
    山田屋本店HP http://www.okomekan.net/





    プログラム
    15時00分 Key Talk 目黒悟さん
    「子どもにもお米をたべてもらいたい理由」
     ※JCOM番組の撮影と同時進行です。
    15時30分 
    「やっぱりお米でしょ! 語ろうお米の魅力」
    (みなさまにより多く発言していただけるよう、グループセッションを予定しています)
    16時40分ごろ まとめ

    参加費 会員500円 非会員1000円(飲み物・お菓子つき)当日集めます

    申し込み
    お席に限りがあります。
    参加ご希望の方は、事前に下記専用WEBフォームからお申込みください。
    *イベントページに「参加」を押された方も、たいへんお手数ですが、専用フォームからお申し込みください

    ★10月4 日 子育て未来トークin調布    
    申し込み専用フォーム
    ↓↓↓
    http://kokucheese.com/event/index/215377/

    JCOM番組『ジモトピ』について
    世田谷・狛江・調布エリアの情報番組です。子育て未来トークのゲストスピーチ部分を、6分ほどに編集し、調布エリアの子育て支援情報として発信していくという主旨です。
    毎月第1土曜日に収録したものを、その月の第3週中に、毎日同じものを3回放送します。
    番組HP http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/jimotopi/jimotopi-setachoko.html


    会場は「ちょこカフェ」です。


    月火&木金 10:30~15:00
    土 9:30~14:00
    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe



       


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより | ちょこカフェ@市場

    2014年09月19日

    9月21日 街のアトリエツアー開催 アーティストと街が交流する場所を一緒につくりませんか

    ○事務局だより

    ちょこネットでは、街に開かれた工房の運営支援をしています。
    教える、教わるという関係でなく、一緒に見て、感じて、つくる場所。
    アーティストと街の人が交流して、創造の楽しさを探し出す。
    それが「街のアトリエ」です。


    -----
    1号室から 隣人募集のお知らせ
    9月21日(日) 街のアトリエツアー開催
    -----






    水と農地と緑に囲まれた「深大にぎわいの里」に「街のアトリエ」1号室がオープンしました。
    スタジオげんが運営するこのアトリエは、自然のなかで五感を開放する「おそとでアート」教室を開催する場所であり、アーティスト・山田はるこの制作アトリエであり、アート教育指導、デザイン、映像制作等を行うスタジオげんの事務所でもあります。1階の農産物直売所やカフェのにぎわいが、ほどよく、ここちよく聞こえてきます。

    「深大にぎわいの里」は地域に愛される新しいランドマークとして生まれ変わるため、入居者を求めています。
    このチャンスに2階の空き区画に「街のアトリエ」村をつくりませんか。
    「街のアトリエ」村として、合同で発信や販路拡大を行っていくための支援をいたします。
    まちに開かれ、まちに求められるアートの拠点を一緒に育ててみませんか。

    ■街のアトリエツアー
    街のアトリエ1号室ものがたり
    入居後の運営支援について
    空き区画について

    9月21日(日) 15時~16時 
    参加費 500円(茶菓代)
    参加申し込み choccconet@gmail.com(事務局・ちょこネット)
    *氏名、お住まいの地域、連絡先電話番号、活動内容をお知らせください
    *前日までにお申し込みがない場合中止になることもあります

    共催:スタジオげん/NPOちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット/三孝開発

    深大にぎわいの里 


      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより

    2014年09月07日

    子育て当事者目線で情報発信 こまえスマイルぴーれがJ:COMで紹介されます。 

    ○事務局だより

    9月8日(月)~14日(日)、J:COMジモトピで
    「子育て未来トークin調布」ゲストトークが放送されます。
    「ほっとちょこ」というコーナーです。
    調布以外のエリアのJ:COMにも放送枠がありますので、地域外にも放送されます。

    今回はこまえスマイルぴーれの篠宮悠子さんに
    ちょこネット理事長・竹中裕子がインタビューしています。






    収録日は8月2日。
    当日はゲストトークのあと、参加者どうしのトークセッション。
    参加者それぞれが気づいたこと、今から取り組みたいと思うことを1枚の紙に書いて発表するのが毎回のおきまりです。

    アルバムはこちらです。
    ↓↓↓
    https://www.facebook.com/media/set/?set=a.699124653497092.1073741856.171826112893618&type=1


    次回の「子育て未来トークin調布」は9月13日(土)。
    詳しくは下記をご覧ください。
    ↓↓↓
    http://kokucheese.com/event/index/207119/

      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより

    2014年08月21日

    8月23日 集客アップのためのフェイスブック チャレンジMeet-up@ちょこカフェ

    ○事務局だより

    ちょこネットでは調布市周辺で子育て支援活動をする人たちの事業継続支援として、さまざまな講座事業に取り組んでいます。
    チャレンジMeet-upは、ちょこカフェのサロンを活用して講座事業等にチャレンジする人を応援する交流会です。
    8月は知りたかったSNSの使い方を学び、地域の人に届く広報手段について考えます。
    現在サロン利用がなくても参加できますのでお気軽にご参加ください。






    ちょこネット&調布ITS共催
    チャレンジMeet-up
    2014年8月23日(土)
    集客のためのSNS活用
    基礎編



    主催 NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット/調布ITS(調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」ワーキンググループ)

    集客のためのSNS活用について学ぶ会。ブログ、ツイッター、ライン、フェイスブックなどのSNS。集客にとって必要なのか。また、どのように活用すると効果があるのか、基本的な考え方を学びます。Facebookの活用法を中心に告知・集客の仕方やノウハウをお知らせするほか、調布市周辺の方々へのアピールや集客を考えた地域メディア活用についてもお伝えします。後半は、質疑応答のあと個別に開設方法などを指導します。






    講師:調布ITS・足利宏治(webデザイナー/イラストレーター/ライター)
    デザイン関連商品の商社で10年間、DTP、マルチメディア、CG、Webなどのシステム販売促進、営業サポート、セミナー講師、システム/ソフトウェア導入時の教育、デジタルコンテンツ制作作業などを行う。そこでMacintoshと出会い、以来Macユーザー。
    2000年、フリーランスとなり、以降Webサイト制作やデジタルコンテンツ制作を行う。
    芦之由というペンネームで、イラストレーター/ライターとしても活動。
    2012年から「調布コワーキングスペース準備室」メンバーとして、調布・国領などでIT勉強会を行う。
    2013年2月、3月に調布市産業振興センターとの共催で「ソーシャルメディア&クラウド仕事術講座」(全4回)を実施。2014年2月、3月には「ソーシャル&モバイル時代の情報発信術講座」(全5回)として同様の講座を実施。
    ブログ かたログ(IIT業界のかたすみの人のブログ)
    http://ashinoyoshi.tumblr.com/
    blogram通信にライターとして参加中
    http://blogramtsushin.blogram.jp/author/ashinoyoshi
    技術評論社gihyo.jpに「週刊Webテク通信」連載中
    http://gihyo.jp/design/clip/01/weekly-web-tech
    Webデザイン関連情報メルマガ「デイリーWebテク」発行中


    参加費 ちょこネット会員 1000円 非会員 1200円
    ドリンク付き

    定員 8人(最小催行 1人)

    会場 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1-11-1、調布卸売センター1階)


    ★参加申し込みは専用サイトからお願いします
    http://kokucheese.com/event/index/203060/


    会場は「ちょこカフェ」です。


    月火&木金 10:30~15:00
    土 9:30~14:00
    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe





    共催の「調布ITS」は、調布IT&ソーシャルメディア推進委員会の略称です。調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」のワーキンググループです。

      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより

    2014年08月18日

    フェイスブックがイマイチ使いこなせない人に→集客のためのSNS@ちょこカフェ

    ○事務局だより

    ちょこネットでは調布市周辺で子育て支援活動をする人たちの事業継続支援として、さまざまな講座事業に取り組んでいます。
    チャレンジMeet-upは、ちょこカフェのサロンを活用して講座事業等にチャレンジする人を応援する交流会です。
    8月は知りたかったSNSの使い方を学び、地域の人に届く広報手段について考えます。
    現在サロン利用がなくても参加できますのでお気軽にご参加ください。






    ちょこネット&調布ITS共催
    チャレンジMeet-up
    2014年8月23日(土)
    集客のためのSNS活用
    基礎編



    主催 NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット/調布ITS(調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」ワーキンググループ)

    集客のためのSNS活用について学ぶ会。ブログ、ツイッター、ライン、フェイスブックなどのSNS。集客にとって必要なのか。また、どのように活用すると効果があるのか、基本的な考え方を学びます。Facebookの活用法を中心に告知・集客の仕方やノウハウをお知らせするほか、調布市周辺の方々へのアピールや集客を考えた地域メディア活用についてもお伝えします。後半は、質疑応答のあと個別に開設方法などを指導します。






    講師:調布ITS・足利宏治(webデザイナー/イラストレーター/ライター)
    デザイン関連商品の商社で10年間、DTP、マルチメディア、CG、Webなどのシステム販売促進、営業サポート、セミナー講師、システム/ソフトウェア導入時の教育、デジタルコンテンツ制作作業などを行う。そこでMacintoshと出会い、以来Macユーザー。
    2000年、フリーランスとなり、以降Webサイト制作やデジタルコンテンツ制作を行う。
    芦之由というペンネームで、イラストレーター/ライターとしても活動。
    2012年から「調布コワーキングスペース準備室」メンバーとして、調布・国領などでIT勉強会を行う。
    2013年2月、3月に調布市産業振興センターとの共催で「ソーシャルメディア&クラウド仕事術講座」(全4回)を実施。2014年2月、3月には「ソーシャル&モバイル時代の情報発信術講座」(全5回)として同様の講座を実施。
    ブログ かたログ(IIT業界のかたすみの人のブログ)
    http://ashinoyoshi.tumblr.com/
    blogram通信にライターとして参加中
    http://blogramtsushin.blogram.jp/author/ashinoyoshi
    技術評論社gihyo.jpに「週刊Webテク通信」連載中
    http://gihyo.jp/design/clip/01/weekly-web-tech
    Webデザイン関連情報メルマガ「デイリーWebテク」発行中


    参加費 ちょこネット会員 1000円 非会員 1200円
    ドリンク付き

    定員 8人(最小催行 1人)

    会場 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1-11-1、調布卸売センター1階)


    ★参加申し込みは専用サイトからお願いします
    http://kokucheese.com/event/index/203060/


    会場は「ちょこカフェ」です。


    月火&木金 10:30~15:00
    土 9:30~14:00
    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe





    共催の「調布ITS」は、調布IT&ソーシャルメディア推進委員会の略称です。調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」のワーキンググループです。

      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより | ちょこカフェ@市場

    2014年08月12日

    8月23日集客のためのSNS@ちょこカフェ

    ○事務局だより

    ちょこネットでは調布市周辺で子育て支援活動をする人たちの事業継続支援として、さまざまな講座事業に取り組んでいます。
    チャレンジMeet-upは、ちょこカフェのサロンを活用して講座事業等にチャレンジする人を応援する交流会です。
    8月は知りたかったSNSの使い方を学び、地域の人に届く広報手段について考えます。
    現在サロン利用がなくても参加できますのでお気軽にご参加ください。






    ちょこネット&調布ITS共催
    チャレンジMeet-up
    2014年8月23日(土)
    集客のためのSNS活用
    基礎編



    主催 NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット/調布ITS(調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」ワーキンググループ)

    集客のためのSNS活用について学ぶ会。ブログ、ツイッター、ライン、フェイスブックなどのSNS。集客にとって必要なのか。また、どのように活用すると効果があるのか、基本的な考え方を学びます。Facebookの活用法を中心に告知・集客の仕方やノウハウをお知らせするほか、調布市周辺の方々へのアピールや集客を考えた地域メディア活用についてもお伝えします。後半は、質疑応答のあと個別に開設方法などを指導します。






    講師:調布ITS・足利宏治(webデザイナー/イラストレーター/ライター)
    デザイン関連商品の商社で10年間、DTP、マルチメディア、CG、Webなどのシステム販売促進、営業サポート、セミナー講師、システム/ソフトウェア導入時の教育、デジタルコンテンツ制作作業などを行う。そこでMacintoshと出会い、以来Macユーザー。
    2000年、フリーランスとなり、以降Webサイト制作やデジタルコンテンツ制作を行う。
    芦之由というペンネームで、イラストレーター/ライターとしても活動。
    2012年から「調布コワーキングスペース準備室」メンバーとして、調布・国領などでIT勉強会を行う。
    2013年2月、3月に調布市産業振興センターとの共催で「ソーシャルメディア&クラウド仕事術講座」(全4回)を実施。2014年2月、3月には「ソーシャル&モバイル時代の情報発信術講座」(全5回)として同様の講座を実施。
    ブログ かたログ(IIT業界のかたすみの人のブログ)
    http://ashinoyoshi.tumblr.com/
    blogram通信にライターとして参加中
    http://blogramtsushin.blogram.jp/author/ashinoyoshi
    技術評論社gihyo.jpに「週刊Webテク通信」連載中
    http://gihyo.jp/design/clip/01/weekly-web-tech
    Webデザイン関連情報メルマガ「デイリーWebテク」発行中


    参加費 ちょこネット会員 1000円 非会員 1200円
    ドリンク付き

    定員 8人(最小催行 1人)

    会場 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1-11-1、調布卸売センター1階)


    ★参加申し込みは専用サイトからお願いします
    http://kokucheese.com/event/index/203060/


    会場は「ちょこカフェ」です。


    月火&木金 10:30~15:00
    土 9:30~14:00
    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe





    共催の「調布ITS」は、調布IT&ソーシャルメディア推進委員会の略称です。調布コミュニティビジネス推進委員会「調布アットホーム」のワーキンググループです。

      


  • Posted by ちょこネット at 10:00 | 事務局だより | ちょこカフェ@市場

    2014年07月30日

    子ども・子育て新制度 パブコメ締め切り前勉強会 8月6日(水)

    ○事務局だより

    緊急勉強会のおしらせ

    「子ども・子育て支援新制度」勉強会
    「各基準案」についてのパブコメで
    何が決まるの?



    日時 8月6日(水)10:00~12:00
    会場 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1-11-1、調布卸売センター内)
    参加費 無料  *カフェ休業日につき、飲食提供はありません。飲料等はお持ち込みください
    定員 10人程度

    ★参加ご希望の方は事前に申し込みをお願いします
    申し込み専用サイト http://kokucheese.com/event/index/201077/



    調布市では「子ども・子育て支援新制度にかかる各基準(案)」についてのパブリックコメントを募集しています。締め切りは8月11日です。
    興味はあっても、「資料が難しくてよくわからない」「じっくり資料を読む時間がとれない」「そもそも新制度って何?」という声多数。
    それでは、ちょこカフェで勉強会をしようということになりました。
    市の職員が出向いてくださり、新制度についてや今回のパブコメについてお話してくださいます。
    子連れOK。お気軽にご参加ください。

    参考:調布市のパブコメ募集記事
    http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1403175704571/index.html

    ★参加ご希望の方は事前に申し込みをお願いします
    申し込み専用サイト http://kokucheese.com/event/index/201077/


    会場は「ちょこカフェ」です。


    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe
      


  • Posted by ちょこネット at 15:33 | 事務局だより

    2014年07月29日

    ママ目線で子育て情報発信! 8月2日子育て未来トーク。お茶とお菓子ありのおしゃべり会です。

    ○子育て未来トーク○


    2014年8月2日
    第11回子育て未来トークin調布
    市民が発信!
     『こまえスマイルぴーれ』のここがスゴい



     ちょこネットは「ここで育てたい」と思えるまちづくりを目指し、あらたな子育て支援のカタチが生まれる場をデザインする団体として、地域のみなさまとのネットワーク構築を大切にしています。そんな私たちが定期的に運営しているのが、さまざまなセクターの方たちがゆるやかにつながり、子育ての未来について語り合う「子育て未来トーク」です。
     第11回は、調布のおとなり狛江市で素敵な子育て情報サイトを運営している、「こまえスマイルぴーれ」メンバーの篠宮悠子さんです。
     狛江市と市民による、官民共同で運営する子育て情報サイトとして平成23年10月に設立されて以来、市民目線での発信を続けています。パワフルなメンバーの「あったらいいな」を実現したストーリーを語っていただきます。


    日時 2014年8月2日(土) 15時~17時(受付14時30分)
    ※ランチ希望の方は14時にご来店ください(要予約)。開始前に召し上がっていただけます。

    場所 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1−11−1 調布卸売りセンター内)

    テーマ 

    市民が発信! 「こまえスマイルぴーれ」のここがスゴい」

     狛江市の子育て情報サイトがとても充実しているということ、ご存知ですか? 行政情報サイトの「こまえ子育てねっと」のオープンと時期を同じくして始まった、市民による市民のための子育て情報サイト「こまえスマイルぴーれ」。ここでは当事者のママ目線で、自由な取材と発信が活発に行われています。メンバーは子育て中のママたち。狛江市のサポートを受けてボランティアで活動しています。なぜこんなに活発な情報発信ができるのか。メンバーの思い、活動の原点は? 市民目線の情報はまさに「かゆいところに手が届く」ものばかり。メインメンバーの一人である篠宮悠子さんに、その熱い思いを語っていただきます。





    【篠宮悠子さんプロフィール】
    「こまえスマイルぴーれ」メンバー。小学校1年生の女の子と、幼稚園の年中さんの男の子のママ。生まれも育ちも、そして子育て中の今もずっと狛江市民。狛江愛の深さでは、きっと誰にも負けません。「こまえスマイルぴーれ」では、ひんぱんに記事を取材、執筆しています。その目の付け所は当事者ならでは。同じく熱い想いを持った仲間たちと一緒に、自転車で狛江を疾走中。
    こまえスマイルぴーれ  http://piele.komae-kosodate.net




    プログラム

    15時00分
    Key Talk 篠宮悠子さん
     「子育てママによる、ママのための情報発信」
    *JCOM番組の撮影と同時進行です

    15時30分 
    「みんなで言いたい放題 子育てママがほしい情報はこれだ!」
    *みなさまにより多く発言していただけるよう
     グループセッションを予定しています

    16時40分ごろ
    まとめ

    ◆参加費 
    会員500円 非会員1000円
    (飲み物・お菓子つき)
    *当日集めます

    ◆申し込み 
    参加ご希望の方は8月1日までに、下記あてお申込みください。

    8月2日 子育て未来トークin調布
    http://kokucheese.com/event/index/194479/



    *JCOM番組『ジモトピ』について
    世田谷・狛江・調布エリアの情報番組です。子育て未来トークのゲストスピーチ部分を、6分ほどに編集し、調布エリアの子育て支援情報として発信していくという主旨です。毎月第1土曜日に収録したものを、その月の第3週中に、毎日同じものを3回放送します。
    番組HP http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/jimotopi/jimotopi-setachoko.html
     (8月は特別番組の関係で、放送日が変更になる可能性があります)

    会場は「ちょこカフェ」です。


    月火&木金 10:30~15:00
    土 9:30~14:00
    調布市深大寺元町1-11-1
    深大にぎわいの里 調布卸売センター内
    佐須街道沿い、焼肉伊万里ヨコ
    FB http://www.facebook.com/Chokokafe

      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより | 子育て未来トーク

    2014年07月06日

    1メガだってメガソーラー。小さい努力もきっと役に立つ

    ●事務局だより●

    昨日は子育て未来トークを開催しました。
    「エネルギー」モンダイについて語りあいました。
    調布で都市型メガソーラー発電を実現した
    調布未来のエネルギー協議会の小峯さんがゲストでした。

    メガソーラー発電というと、山を切り開いて巨大なパネルを設置する大規模開発、というイメージですが、1メガだって「メガソーラー」。
    小峯さんが取り組んでいるのは、既存の建物の屋根を活用して、
    できる限りの電力を自分たちの力でつくることなんだというお話がありました。

    2016年の電力自由化では、発電することや、電気を売ることが自由になります。
    消費者には、その電気がどんな手段で発電されたのかを知り、
    選ぶ自由が与えられるということです。

    小峯さんをまじえての参加者トークセッションでは、
    「エネルギー問題」と言わないで、
    「電気のこと」「節電」といえば
    日々の暮らしのことだと感じられるのではと意見がでました。
    取り組みが目にみえるようにすることが大切。

    「どんなに小さい努力もきっと役に立つ」。
    そんな意識で生活していこうと思いをあらたにした一日でした。








    *第10回子育て未来トークin調布 アルバムはこちら

    次回の子育て未来トークin調布は8月2日(土)に開催予定です。



      


  • Posted by ちょこネット at 09:59 | 事務局だより | 子育て未来トーク

    2014年07月04日

    調布で発電!? そんなことできるんだ~  7月5日 子育て未来トーク

    ○事務局から○

    今週土曜は、毎月恒例となりました「子育て未来トークin調布」を開催します。「ここで育てたい」まちづくりに寄与するさまざまな取り組みを知って協働のきっかけになればという思いで企画しています。

    今回は、調布未来のエネルギー協議会の小峯充史さんをゲストにお迎えします。
    エネルギー問題をムズカシイ他人ごとにせず、「スーパーで買うものを選ぶ」くらい身近な生活問題としてとらえたいと思います。

    先日、第5回自然エネルギーセミナーを共催させていただいたばかりですが、当日の参加者トークセッションで確認した「あたり前」を見なおす気持ちをもう少し掘り下げて、具体的にどんなことができるのかを考えたいと思います。

    決して、○○反対!というような運動ではありません。
    あくまで生活者として、子育て支援をするものとして、
    未来に残したい環境についてイメージをして、
    日々の生活を見なおそうというものです。

    わたしたちの住むまちを豊かにするために
    まずは、じぶんたちの手でできることを行う。
    そのような発想が生まれる場にできたらと思っています。

    みなさまのご参加をお待ちしています。

    ★申し込みはこちらから
    http://kokucheese.com/event/index/187093/


    2014年7月5日(土)15:00
    第10回子育て未来トークin調布


    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を見直すことからはじめよう
    日時 2014年7月5日(土) 15時~17時(受付14時30分から)
    ※ランチ(ちょこカフェ特製カレー)希望の方は14時にご来店ください(要予約)。開始前に召し上がっていただけます。
    場所 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1−11−1 調布卸売りセンター内)

    テーマ 
    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を見直すことからはじめよう

    私たちが暮らす調布の街で、自然エネルギー発電に取り組む団体があることをご存知ですか? 「一般社団法人調布未来のエネルギー協議会」代表理事の小峯充史さんの画期的な取り組みは、全国から注目を集めています。エネルギー問題は「自分にできることはなさそう」「何をしていいのかわからない」という声が多く聞かれますが、「実は身近な暮らしの中に考えるきっかけがあります」と小峯さん。子どもたちに残したい未来のために、あたりまえと思っていた日々の暮らしを見直し、今日からできることを考えてみませんか。




    参加費 会員500円 非会員1000円
    *飲み物・お菓子つき。当日集めます

    ★申し込みはこちらから
    http://kokucheese.com/event/index/187093/
      


  • Posted by ちょこネット at 10:00 | 事務局だより | 子育て未来トーク

    2014年06月25日

    電力自由化って何? 自然エネルギーを自分で選べるの? 7月5日子育て未来トーク

    ●子育て未来トーク●


    2014年7月5日(土)15:00
    第10回子育て未来トークin調布


    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を
    見直すことからはじめよう



     ちょこネットは「ここで育てたい」と思えるまちづくりを目指し、あらたな子育て支援のカタチが生まれる場をデザインする団体として、地域のみなさまとのネットワーク構築を大切にしています。そんな私たちが定期的に運営しているのが、さまざまなセクターの方たちがゆるやかにつながり、子育ての未来について語り合うイベントが「子育て未来トーク」です。
     10回目となる今回は、調布市内で自然エネルギーによる発電事業に取り組んでいる、一般社団法人調布未来のエネルギー協議会代表の小峯充史さんをゲストにお招きします。エネルギーの問題は大切なこととわかっていても、何から考えていいのかわからない…という方が多いのでは? 今回の未来トークは、子どもに残したい未来について、自分サイズで考えるヒント満載。子育てに関わる私たちに何ができるのかを、いっしょに考えましょう。


    日時 2014年7月5日(土) 15時~17時(受付14時30分から)
    ※ランチ(ちょこカフェ特製カレー)希望の方は14時にご来店ください(要予約)。開始前に召し上がっていただけます。

    場所 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1−11−1 調布卸売りセンター内)

    テーマ 
    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を見直すことからはじめよう

     私たちが暮らす調布の街で、自然エネルギー発電に取り組む団体があることをご存知ですか? 「一般社団法人調布未来のエネルギー協議会」代表理事の小峯充史さんの画期的な取り組みは、全国から注目を集めています。エネルギー問題は「自分にできることはなさそう」「何をしていいのかわからない」という声が多く聞かれますが、「実は身近な暮らしの中に考えるきっかけがあります」と小峯さん。子どもたちに残したい未来のために、あたりまえと思っていた日々の暮らしを見直し、今日からできることを考えてみませんか。


    【小峯充史さんプロフィール】
    株式会社エコロミ代表取締役。一般社団法人調布未来のエネルギー協議会代表理事。調布まちなか発電非営利型株式会社取締役。あんしん生命保険株式会社在籍中より青年会議所を通じて、フードマイレージを活用した小学生向け教材づくり、地球温暖化シンポジウム開催などを主幹。東日本大震災を機に再生可能エネルギーへの関心、見識を深めていく。2012年に環境エネルギーコンサルティング会社を設立。環境省事業に採択された東京都調布市や群馬県高崎市などにおいてベンチャー企業ならではの地域主導型再生エネルギー事業や省エネ事業を展開中。2013年には調布まちなか発電非営利型株式会社を設立し、調布市内の公共施設を借りて太陽光発電事業を始めている。






    プログラム
    15時00分 Key Talk 小峯充史さん
     「子どもたちのために考えよう 未来のエネルギー」
     ※JCOM番組の撮影と同時進行です

    15時30分 
    トークセッション「『あたりまえ』を見直そう〜今日からできることとは?」
    参加者により多く発言していただけるよう、グループセッションを予定

    16時40分ごろ まとめ

    参加費 会員500円 非会員1000円
    *飲み物・お菓子つき。当日集めます


    申し込みはこちらから
    http://kokucheese.com/event/index/187093/



    JCOM番組『ジモトピ』について
    世田谷・狛江・調布エリアの情報番組です。子育て未来トークのゲストスピーチ部分を、6分ほどに編集し、調布エリアの子育て支援情報として発信していくという主旨です。
    毎月第1土曜日に収録したものを、その月の第3週中に、毎日同じものを3回放送します。
    番組HP http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/jimotopi/jimotopi-setachoko.html
      


  • Posted by ちょこネット at 09:00 | 事務局だより | 子育て未来トーク

    2014年06月24日

    7月12日(土) 調布食物アレルギー親の会 おしゃべり会開催

    ●事務局だより●

    ちょこネットでは、当事者同士の支え合い活動=
    ピアサポートの運営支援を行っています。

    --------------------------



    第2回「おしゃべり会」
    参加申し込みを開始します!






    「子どもの食物アレルギーのことをざっくばらんに話したい」
    「先輩ママの体験談を聞きたい」
    「少しでも不安を解消したい」

     同じ悩みを持つものどうし、ゆっくりおしゃべりしませんか?
     初めての方でももちろんOKです。
     みなさまのご参加をお待ちしています。



    日時 2014年7月12日(土) 15時〜17時

    場所 ちょこカフェ(カフェ閉店後に会場として使用します)
        調布卸売りセンター(旧武蔵野市場)内
        (調布市深大寺1−11−1)
        市場の駐車場をご利用いただけます。
        調布駅から徒歩17分
        北口よりバス10分(柴崎折り返し場行き 14系統)「武蔵野市場」停留所下車徒歩1分
     
    定員 申し込み順先着10名

    参加費  500円(飲み物・資料代として) 当日集めます

    申し込み お名前、連絡先(メール・電話番号)を明記し、
          下記宛メールにてお申し込みください。

    Email allerchofu@gmail.com
       (調布食物アレルギー親の会事務局)

    ※ 託児はありません。お子さま連れでも参加できますが、できればご家族などにお子さまを預けてから参加することをおすすめします(ゆっくりおしゃべりしていただきたいので)。



    調布食物アレルギー親の会
    HP http://allergychofu.tamaliver.jp/
    FB https://www.facebook.com/chofuallergy/  


  • Posted by ちょこネット at 11:43 | 事務局だより | ピアサポート支援

    2014年06月23日

    7月5日 エネルギー問題ってムズカシイ? 子育て未来トークin調布

    ●子育て未来トーク●


    2014年7月5日(土)15:00
    第10回子育て未来トークin調布


    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を
    見直すことからはじめよう



     ちょこネットは「ここで育てたい」と思えるまちづくりを目指し、あらたな子育て支援のカタチが生まれる場をデザインする団体として、地域のみなさまとのネットワーク構築を大切にしています。そんな私たちが定期的に運営しているのが、さまざまなセクターの方たちがゆるやかにつながり、子育ての未来について語り合うイベントが「子育て未来トーク」です。
     10回目となる今回は、調布市内で自然エネルギーによる発電事業に取り組んでいる、一般社団法人調布未来のエネルギー協議会代表の小峯充史さんをゲストにお招きします。エネルギーの問題は大切なこととわかっていても、何から考えていいのかわからない…という方が多いのでは? 今回の未来トークは、子どもに残したい未来について、自分サイズで考えるヒント満載。子育てに関わる私たちに何ができるのかを、いっしょに考えましょう。


    日時 2014年7月5日(土) 15時~17時(受付14時30分から)
    ※ランチ(ちょこカフェ特製カレー)希望の方は14時にご来店ください(要予約)。開始前に召し上がっていただけます。

    場所 ちょこカフェ@市場(調布市深大寺元町1−11−1 調布卸売りセンター内)

    テーマ 
    エネルギー問題はムズカシイ?
    「あたりまえ」を見直すことからはじめよう

     私たちが暮らす調布の街で、自然エネルギー発電に取り組む団体があることをご存知ですか? 「一般社団法人調布未来のエネルギー協議会」代表理事の小峯充史さんの画期的な取り組みは、全国から注目を集めています。エネルギー問題は「自分にできることはなさそう」「何をしていいのかわからない」という声が多く聞かれますが、「実は身近な暮らしの中に考えるきっかけがあります」と小峯さん。子どもたちに残したい未来のために、あたりまえと思っていた日々の暮らしを見直し、今日からできることを考えてみませんか。


    【小峯充史さんプロフィール】
    株式会社エコロミ代表取締役。一般社団法人調布未来のエネルギー協議会代表理事。調布まちなか発電非営利型株式会社取締役。あんしん生命保険株式会社在籍中より青年会議所を通じて、フードマイレージを活用した小学生向け教材づくり、地球温暖化シンポジウム開催などを主幹。東日本大震災を機に再生可能エネルギーへの関心、見識を深めていく。2012年に環境エネルギーコンサルティング会社を設立。環境省事業に採択された東京都調布市や群馬県高崎市などにおいてベンチャー企業ならではの地域主導型再生エネルギー事業や省エネ事業を展開中。2013年には調布まちなか発電非営利型株式会社を設立し、調布市内の公共施設を借りて太陽光発電事業を始めている。






    プログラム
    15時00分 Key Talk 小峯充史さん
     「子どもたちのために考えよう 未来のエネルギー」
     ※JCOM番組の撮影と同時進行です

    15時30分 
    トークセッション「『あたりまえ』を見直そう〜今日からできることとは?」
    参加者により多く発言していただけるよう、グループセッションを予定

    16時40分ごろ まとめ

    参加費 会員500円 非会員1000円
    *飲み物・お菓子つき。当日集めます


    申し込みはこちらから
    http://kokucheese.com/event/index/187093/



    JCOM番組『ジモトピ』について
    世田谷・狛江・調布エリアの情報番組です。子育て未来トークのゲストスピーチ部分を、6分ほどに編集し、調布エリアの子育て支援情報として発信していくという主旨です。
    毎月第1土曜日に収録したものを、その月の第3週中に、毎日同じものを3回放送します。
    番組HP http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/jimotopi/jimotopi-setachoko.html

      


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより | 子育て未来トーク

    2014年06月21日

    都内初! 都市型メガソーラー発電が調布で始動 明日22日、セミナー開催

    ○事務局だより○

    「エネルギー事業によるまちづくり」を行う一般社団法人調布未来のエネルギー協議会と「ここで育てたいまちづくり」を行う特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットでは、子どもたちに残したい未来の調布について一緒に考える機会を持とうということになりました。
    あなたもご一緒に!



    6月22日(日)13:00
    第5回自然エネルギーセミナー
    “あたりまえ”を見なおして
    丁寧にくらそう


    調布に自然エネルギーの発電所をつくりたい!
    そんな夢を実現したのが小峯充史。
    「子どもによい環境を残したい」と思いをあたためているだけでなく、
    今自分ができることを事業活動として実行に移したのです。

    わたしたちの暮らしに新たな選択肢が生まれます。
    さあ、あなたなら何をどう選んで暮らしていきますか。


    <プログラム>

    -----パネルディスカッション 13:00
    サステナブルなまちづくり、暮らし方、生き方についてそれぞれの持論を語り合うパネルトーク。将来に不安を感じているのは子どもたち。今日からできること、子どもたちに伝えておきたいことをともに考える75分です。


    ■母めしが受ける理由。食を見直す「キモチいい」暮らし
    大久保久江

    株式会社やまもり 代表取締役社長




    ■作る側になったらわかる。節電していないのは家庭だった
    服部乃利子

    静岡県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長 



       
    ■調布でも発電できる。未来を考える大人の背中を見せること
    小峯充史

    一般社団法人調布未来のエネルギー 代表理事 



    ■進行
    竹中裕子

    NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット 理事長



    ----みんなのトークセッション 14:30
    『あたりまえ』を見直す暮らし方
    会場のみなさんと一緒に語り合います


    日時: 2014年6月22日(日)13:00~15:50
    会場:調布市文化会館たづくり 大会議場(12階)
    対象:中学生以上
    参加費用:無料

    申し込み
    下記の申し込みフォームから
    事前にご登録ください
    http://kokucheese.com/event/index/174539/







    主催:一般社団法人調布未来(あす)のエネルギー協議会/特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット
    協賛:調布まちなか発電非営利型株式会社
    後援:調布市/社会福祉法人調布市社会福祉協議会

    一般社団法人調布未来のエネルギー協議会
    http://chofu-energykyou.jp/c13907.html  


  • Posted by ちょこネット at 06:00 | 事務局だより

    2014年06月20日

    22日 日曜午後1時にたづくりで自然エネルギーセミナー “あたりまえ”を見直して丁寧にくらそう

    ○事務局だより○

    「エネルギー事業によるまちづくり」を行う一般社団法人調布未来のエネルギー協議会と「ここで育てたいまちづくり」を行う特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットでは、子どもたちに残したい未来の調布について一緒に考える機会を持とうということになりました。
    あなたもご一緒に!



    6月22日(日)13:00
    第5回自然エネルギーセミナー
    “あたりまえ”を見なおして丁寧にくらそう
    サステナブルなまちづくり


    調布に自然エネルギーの発電所をつくりたい!
    そんな夢を実現したのが小峯充史。
    「子どもによい環境を残したい」と思いをあたためているだけでなく、
    今自分ができることを事業活動として実行に移したのです。

    わたしたちの暮らしに新たな選択肢が生まれます。
    さあ、あなたなら何をどう選んで暮らしていきますか。


    <プログラム>

    -----パネルディスカッション 13:00
    サステナブルなまちづくり、暮らし方、生き方についてそれぞれの持論を語り合うパネルトーク。将来に不安を感じているのは子どもたち。今日からできること、子どもたちに伝えておきたいことをともに考える75分です。


    ■母めしが受ける理由。食を見直す「キモチいい」暮らし
    大久保久江

    株式会社やまもり 代表取締役社長




    ■作る側になったらわかる。節電していないのは家庭だった
    服部乃利子

    静岡県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長 



       
    ■調布でも発電できる。未来を考える大人の背中を見せること
    小峯充史

    一般社団法人調布未来のエネルギー 代表理事 



    ■進行
    竹中裕子

    NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット 理事長



    ----みんなのトークセッション 14:30
    『あたりまえ』を見直す暮らし方
    会場のみなさんと一緒に語り合います


    日時: 2014年6月22日(日)13:00~15:50
    会場:調布市文化会館たづくり 大会議場(12階)
    対象:中学生以上
    参加費用:無料

    申し込み
    下記の申し込みフォームから
    事前にご登録ください
    http://kokucheese.com/event/index/174539/







    主催:一般社団法人調布未来(あす)のエネルギー協議会/特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット
    協賛:調布まちなか発電非営利型株式会社
    後援:調布市/社会福祉法人調布市社会福祉協議会

    一般社団法人調布未来のエネルギー協議会
    http://chofu-energykyou.jp/c13907.html  


  • Posted by ちょこネット at 18:00 | 事務局だより

    2014年06月16日

    これから何か始めたい人も。 6月21日チャレンジmeet-up@ちょこカフェ

    ●事務局だより●

    ちょこカフェ主催
    6月21日(土)
    チャレンジmeet-up


    ちょこカフェを利用してサロンイベントを行ったり、委託販売、展示などにチャレンジする方の集まりをテンチョー主催で行います。
    これからちょこカフェを利用して何かしてみたいという人も大歓迎です。

    集まった人どうしでお互いの悩みや工夫ポイントをお話します。
    さらに、テンチョーからはちょこカフェの様子をお知らせしたり、
    告知やイベント組み立てについて、これまでの経験からさまざまな角度でご提案します。

    ちょこカフェが、まちの人の交流をうみだすよりよい場になるためには、どんなしかけが有効か。そのために、どんなことをどんなふうに提供できるかという視点で、ご自身のやりたいことをブラッシュアップしてみませんか。

    ■日時 6月21日(土)10:30~11:30

    ■参加費 600円 *ちょこネット会員は500円(ドリンク付き)
    *当日受付で集めます

    ■定員5人

    20日までに申し込みを。

    ★参加申し込みは専用WEBフォームから。
    ↓↓↓
    http://kokucheese.com/event/index/185300/




      


  • Posted by ちょこネット at 20:00 | 事務局だより | ちょこカフェ@市場

    2014年06月15日

    6月22日 調布でメガソーラー発電を実現! 小峯充史さんが語ります。

    ○事務局だより○

    「エネルギー事業によるまちづくり」を行う一般社団法人調布未来のエネルギー協議会と「ここで育てたいまちづくり」を行う特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットでは、子どもたちに残したい未来の調布について一緒に考える機会を持とうということになりました。
    あなたもご一緒に!


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    6月22日(日)13:00
    第5回自然エネルギーセミナー
    “あたりまえ”を見なおして丁寧にくらそう
    サステナブルなまちづくり
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    調布に自然エネルギーの発電所をつくりたい!
    そんな夢を実現したのが小峯充史。
    「子どもによい環境を残したい」と思いをあたためているだけでなく、
    今自分ができることを事業活動として実行に移したのです。

    わたしたちの暮らしに新たな選択肢が生まれます。
    さあ、あなたなら何をどう選んで暮らしていきますか。


    <プログラム>

    -----パネルディスカッション 13:00
    サステナブルなまちづくり、暮らし方、生き方についてそれぞれの持論を語り合うパネルトーク。将来に不安を感じているのは子どもたち。今日からできること、子どもたちに伝えておきたいことをともに考える75分です。


    ■母めしが受ける理由。食を見直す「キモチいい」暮らし
    大久保久江

    株式会社やまもり 代表取締役社長




    ■作る側になったらわかる。節電していないのは家庭だった
    服部乃利子

    静岡県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長 



       
    ■調布でも発電できる。未来を考える大人の背中を見せること
    小峯充史

    一般社団法人調布未来のエネルギー 代表理事 



    ■進行
    竹中裕子

    NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット 理事長



    ----みんなのトークセッション 14:30
    『あたりまえ』を見直す暮らし方
    会場のみなさんと一緒に語り合います


    日時: 2014年6月22日(日)13:00~15:50
    会場:調布市文化会館たづくり 大会議場(12階)
    対象:中学生以上
    参加費用:無料

    申し込み
    下記の申し込みフォームから
    事前にご登録ください
    http://kokucheese.com/event/index/174539/







    主催:一般社団法人調布未来(あす)のエネルギー協議会/特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット
    協賛:調布まちなか発電非営利型株式会社
    後援:調布市/社会福祉法人調布市社会福祉協議会

    一般社団法人調布未来のエネルギー協議会
    http://chofu-energykyou.jp/c13907.html  


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより

    2014年06月14日

    母めしの大久保久江さん、調布に! 6月22日 あたりまえを見なおして丁寧にくらそう

    ○事務局だより○

    「エネルギー事業によるまちづくり」を行う一般社団法人調布未来のエネルギー協議会と「ここで育てたいまちづくり」を行う特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットでは、子どもたちに残したい未来の調布について一緒に考える機会を持とうということになりました。
    あなたもご一緒に!


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    6月22日(日)13:00
    第5回自然エネルギーセミナー
    “あたりまえ”を見なおして丁寧にくらそう
    サステナブルなまちづくり
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    調布に自然エネルギーの発電所をつくりたい!
    そんな夢を実現したのが小峯充史。
    「子どもによい環境を残したい」と思いをあたためているだけでなく、
    今自分ができることを事業活動として実行に移したのです。

    わたしたちの暮らしに新たな選択肢が生まれます。
    さあ、あなたなら何をどう選んで暮らしていきますか。


    <プログラム>

    -----パネルディスカッション 13:00
    サステナブルなまちづくり、暮らし方、生き方についてそれぞれの持論を語り合うパネルトーク。将来に不安を感じているのは子どもたち。今日からできること、子どもたちに伝えておきたいことをともに考える75分です。


    ■母めしが受ける理由。食を見直す「キモチいい」暮らし
    大久保久江

    株式会社やまもり 代表取締役社長




    ■作る側になったらわかる。節電していないのは家庭だった
    服部乃利子

    静岡県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長 



       
    ■調布でも発電できる。未来を考える大人の背中を見せること
    小峯充史

    一般社団法人調布未来のエネルギー 代表理事 



    ■進行
    竹中裕子

    NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット 理事長



    ----みんなのトークセッション 14:30
    『あたりまえ』を見直す暮らし方
    会場のみなさんと一緒に語り合います


    日時: 2014年6月22日(日)13:00~15:50
    会場:調布市文化会館たづくり 大会議場(12階)
    対象:中学生以上
    参加費用:無料

    申し込み
    下記の申し込みフォームから
    事前にご登録ください
    http://kokucheese.com/event/index/174539/







    主催:一般社団法人調布未来(あす)のエネルギー協議会/特定非営利活動法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット
    協賛:調布まちなか発電非営利型株式会社
    後援:調布市/社会福祉法人調布市社会福祉協議会

    一般社団法人調布未来のエネルギー協議会
    http://chofu-energykyou.jp/c13907.html  


  • Posted by ちょこネット at 15:00 | 事務局だより